アクセス 診療案内

看護師募集
医師募集
群馬肛門疾患懇話会
新病院建築風景

    野口病院
    〒370-0067
    高崎市請地町うけちまち38番地
    TEL 027-322-2288
    FAX 027-322-0433

消化器(胃腸)科
内視鏡検査の流れ
  1. 上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡
    @前日夜9時以降は食事をとらずに当日朝来院して頂きます。
    A当日朝、少量の水は服用してかまいません。
    B検査直前に、麻酔剤を喉にためて、ガラガラっと3-4回うがいをするだけで喉は十分に麻酔されます。
    C(セデーション時はここで鎮静剤等を投与します。)
    D内視鏡挿入直前に喉に麻酔のスプレー(経鼻内視鏡では鼻腔に)をおこなってから、検査を開始します。
    E検査は5-10分で終了します。

  2. 下部消化管(大腸・直腸・回腸末端)内視鏡
    @前々日の夜、下剤(錠剤)を飲みます。
    A前日は便になりにくい食事(看護師が説明します)を摂って頂き、夜下剤を飲みます。
    B当日は仕上げの下剤(マグコロールP)を1,800ml服用し、午前中に大腸をきれいにします。
          ⇒自宅で飲む方もいらっしゃいます。
    C午後、順番に検査を行います。検査時間は20分程です。
    D検査後、十分にガスを出してお休みになってからお帰り頂いています。